外国人の雇用支援

外国人の雇用支援

ポプラグループでの介護職の外国人職員採用の経験と実績を踏まえて、弊社では次の在留資格で日本で就労可能な外国人の雇用を支援させていただきます。各企業・団体様のご要望をお聞きし、それぞれの事情に応じたご提案とご支援をさせていただきますので、詳細についてはお問い合わせください。

特に、ネパールの人材に関しましては、弊社が開設した「ポプラ日本語学園」を拠点に、各企業・団体様のご意向にそった人材のご紹介が可能になっていますので、是非ご検討いただけますようお願いいたします。

特定技能

特定技能(対象職種:特定産業分野14分野)

2019年4月より、人材不足が深刻な特定産業分野で「特定技能」での外国人の受入れが可能になりました。この在留資格は、国内外で各産業分野ごとに実施される特定技能評価試験に合格することで取得することができるので、海外での受験手続や出国制度等が整備されていくに従い、この資格に基づいて日本で就労する外国人が増加していくものと思われます。

特定技能の対象職種には次の14業種が含まれています。

介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業

在留期間については、1年更新、最長5年の就労が可能になります。

本資格の外国人を受け入れた団体は、対象者に対して一定の支援業務を行っていく必要がありますが、
弊社は「登録支援機関」として認可を受けておりますのでこの業務のお手伝いさせていただくことが可能です。

登録 - 支援機関番号 19登 - 001899


留学

留学(対象職種:介護)

介護福祉士の資格取得を目指す外国人は、日本語学校に留学して半年以上日本語を学習した後、介護福祉士養成校に入学し、卒業時に資格取得(5年間有効)が可能になります。

留学期間中はアルバイトで週28時間まで就業が可能になり、介護福祉士の資格取得後は「介護」の在留資格での就業が可能になります。

また初任者研修、もしくは介護福祉士の資格を取得すれば、訪問系の介護サービスを提供する施設での就労も可能
(特定技能資格取得者や技能実習生については、訪問系サービス提供施設での就労は認められていません。)

技術・人文知識・国際業務

技術・人文知識・国際業務

現地の大学で習得した技術、知識を生かせる業務に日本で従事しようとする外国人については、この在留資格での就労が認められる可能性があります。

弊社では、各企業・団体様の求人情報を基に、現地の提携先と連携してそれに適合すると思われる人材を探し出してご紹介させていただきます。

有料職業紹介

ポプラネクサスでは日本国内にいる外国人の有料職業紹介事業もおこなっております。

福祉関係では、介護施設や高齢者向け住宅、訪問看護等で力を発揮してくれる外国人看護師のご紹介もおこなっております。

またそれ以外の職種に関してもお問い合わせください。


その他

その他

技能実習生の受入れについては、監理団体の認可を取得した団体が窓口になる必要があります。グループ企業として監理団体であるポプラヒューマンリソース協同組合があり、ネパール、ミャンマー等からの技能実習生の受入れの窓口業務を行っています。技能実習生の受入れにご関心がある場合は、同組合をご紹介させていただきます。