登録支援機関

登録支援機関とは…

登録支援機関とは、特定技能1号の外国人に対して、在留中に安定的・円滑な活動を行うことができるようにするための職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援を、受入れ機関(=特定技能外国人を雇用する企業等。法律上の表現は「特定技能所属機関」)から委託を受けて、受入れ機関に代わって実施する者。


なんだか難しい表現ですが、大きく要約すると、外国人が働く法人さんに委託され、外国人が働きやすいようにサポートをする会社。ということになります。

この支援をすることは法律で決まっており、登録支援機関に委託されない場合は外国人が所属する法人が自らしないといけません。


ちなみに登録支援機関がするべき事は以下のことになります。

  • 事前ガイダンス
    (雇用契約締結後、在留資格認定証明書交付申請前に労働条件、活動内容、入国手続き、保証金徴収等の有無について、対面・テレビ電話等で説明)
  • 出入国する際の送迎
    (入国時には空港等と事業所又は住居への送迎。出国時は保安検査場への入場の確認まで行う。)
  • 住宅確保・生活に必要な契約支援
    (住宅を借りる際のサポート、契約の際の保証人、銀行口座開設、携帯電話やライフラインの契約等のサポート)
  • 生活オリエンテーションの実施
    (円滑に社会生活を営めるよう日本のルールやマナー、公共機関の利用方法や連絡先、災害時の対応等の説明)
  • 公的手続等への同行
    (必要に応じ住居地・社会保障・税などの手続きの同行・書類作成のサポート)
  • 日本語を学習する機会の提供
    (日本語教室/自主学習教材/Eラーニング講座等の情報提供など)
  • 相談・苦情への対応
    (職場や生活上の相談・苦情等について、外国人が十分理解することができる言葉での対応、内容に応じた必要な助言、指導等)
  • 日本人との交流の促進支援
    (必要に応じ、地域住民との交流や地域の行事、自治会等の案内や参加の補助等)
  • 非自発的離職時の転職支援
    (受け入れ側の都合により雇用契約を解除する場合の転職先を探す手伝いや、推薦状の作成等に加え、求職活動を行うための有給休暇の付与や必要な行政手続きの情報提供)
  • 定期的な面談・行政機関への通報
    (3ヶ月に1回以上外国人及び受入法人の責任者等との面談を実施。定期面談報告書を作成。労働基準法違反等があれば行政機関へ通報。)



如何でしょうか…結構大変です。特に書類関係の作成や行政への提出に関しては、受入法人様が日々の業務をこなしながら行うことは、かなり手間ではないかと思います。

ポプラネクサスでは「登録支援機関」の資格も取得しておりますので、上記のサポートさせていただく事が可能です。


登録支援機関:株式会社ポプラネクサス 登録番号:19登-001899 対応可能言語:英語、ネパール語、ベトナム語、ミャンマー語

事業所所在地:大阪府豊中市服部元町2-6-7

TEL:06-6151-5911


詳しい説明をご希望の方は「お問合せはこちら」よりお願い致します。